« 気がつけば1年 | トップページ | いよいよ高裁判決 »

2007.03.24

大阪高裁の判例

控訴審対策で図書館に出向いた際に、あらためて評価損についてCD-ROMで検索をしてみると、実は大阪高裁での判例が存在していたことが判明したので(大阪高判平5.4.15)、その内容を紹介してみることにする。

結論から言うと、この高裁判決は、評価損を認めなかった。


1. 本件においては、修理完了後も自動車の性能、外観等が事故前よりも劣ったまま元に戻らないことや、修理直後は従前通りの使用が可能であるとしても時の経過とともに使用上の不便および使用期間の短縮などの機能の低下が現れやすくなっていることを認めるに足りる証拠はない。

2. 証拠によれば、被害車両について日本自動車査定協会は平成3年4月24日を査定日として本件事故のための減価額が393,200円であることを証明していることが認められる。

3. しかし、証人の証言によれば、本件事故前に一審原告が被害車両を買い替える計画はなかったことが認められ、

4. また、近い将来に被害車両を転売する予定であること、その他、減価を現実の存在として評価するのを相当とする事情についての主張、立証はないから、このような減価があるとしても、それは潜在的・抽象的な価格の減少にとどまり、一審原告に同額の現実の損害が発生したものとは認め難い。

5. したがって、一審原告の評価損の主張は、採用することができない。

1は「技術上の評価損」(※「技術上の評価損」と「取引上の評価損」については以前の記事を参照)しか認めないので、それを立証しろ、ということだし、2では査定協会の減価額証明書の証拠価値をいちおう認めながらも、3、4においては、現実的に買い替える予定がないので、損害は現実的なものでないとして、結論として評価損を否認している。

もし私のケースでこの基準を適用すると、「技術上の評価損」についても買い替えの予定についても、まったく主張も立証もしていないので、完全にアウトである。

こういう例を見ると、たとえ私のケースにおいて東京高裁で評価損認容判決をもらったとしても、たいした意味はないのかなぁ、と思ってしまう。もちろん、それぞれの裁判官は独立した存在であり、高裁判決に法的な拘束力はないことは知っているのだが、高裁で逆転判決が出ることを恐れて下級審が一気に認容に向かうという現実的な効果があるのかな、と期待していたのだけども…

というのも、この大阪高裁での判決が出て以降も、管轄内の地裁・簡裁で、「取引上の評価損」について、「買い替えの予定」がない場合にも認める判決は多発しているのである。

まぁ、そうは言っても、高裁判決は、多くの地裁・簡裁判決よりもインパクトがあることは確かだろうから、その効果に少しは期待してもいいかな、と思う。

|

« 気がつけば1年 | トップページ | いよいよ高裁判決 »

コメント

はじめまして、現在お釜を掘られ保険会社と評価損について揉めている者です。
保険会社からの書類で最高裁の判断が昭和49年4月15日判決で損傷がフレーム等車軸の本質的構造部分(躯体部分)にまで及び、修理のみで復し得ない損害が残った場合です。
との書類が送られてきましたが普通、最高裁で出ている判決はその後の評価損に対する地裁の裁判等に影響する者ではないのかなぁと思うのですが地裁の判決は状況によりけりですがどうなってるんでしょう?
とりとめもなく書き込みしてすみません。

投稿: ぎり | 2007.04.08 10:12

>ぎりさん
掲示板にも書きましたが、>ぎりさん最高裁昭和49年4月15日判決は、評価損について取り上げた判例ではないですね。

その一方、評価損についての地裁判例がまちまちなのは確かなので、保険会社がそれを言い訳にするのは、理屈としてはわかります。

投稿: mits | 2007.04.11 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/14372509

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪高裁の判例:

« 気がつけば1年 | トップページ | いよいよ高裁判決 »