« 初めての内容証明 | トップページ | 原状回復とは? »

2005.06.22

さすがプロの仕事!

弁護士の友人から、貸主に送る内容証明の添削結果が戻ってきた。

通  知  書
平成17年6月×日

受取人住所氏名
通知人 ○○○○

○○法律事務所
通知人代理人弁護士  ○○○○

当職は、上記通知人の依頼により下記のとおり通知致します。

             記

1 通知人は、平成15年2月8日、貴殿との間で、東京都区町所在の○○(マンション名)××号室(以下、「本件物件」といいます。)を目的物とする建物賃貸借契約を締結し、同年2月20日より、居住していました。

上記賃貸借契約は、平成17年3月22日に合意解約により終了し、通知人は、平成17年3月21日、貴殿に対し、既に本件建物の明渡しを完了しております。

2 通知人は、上記賃貸借契約締結の際、同契約に基づき、貴殿に対し、敷金33万4000円を差し入れました。したがって、貴殿には、通知人に対する敷金返還義務が発生しています。

また、通知人は、同年2月25日、貴殿に対し、翌3月分の賃料及び管理費17万6000円を既に支払っています。

したがって、貴殿は、通知人に対し、上記賃貸借解約後の3月23日以降、同月31日までの日割り家賃4万8484円及び日割り管理費2613円を直ちに返還する義務があります。

2 よって、本書をもって、貴殿に対し、本書到達後1週間以内に、上記未返還の敷金及び過払分家賃及び過払分管理費の合計金額38万5097円から、上記賃貸借契約締結の際に通知人と貴殿との間で明示的に合意した鍵交換費用1万0050円を差し引いた、37万5047円に、上記賃貸契約の契約書第5条第4項に基づく明渡し後1ヶ月を経過した翌日以降支払当日までの日歩5銭の遅延損害金を加えた金額を、下記指定口座に振込入金されるよう請求します。

         記
金融機関名 ○○銀行 ○○支店
種類    普通預金
口座番号   ×××××××
名義    ○○法律事務所 弁護士 ○○○○

3 なお、貴殿は、平成17年6月2日、通知人に対し、「原状回復工事費用」の名目で40万4591円の支払請求をされていますが、前述の鍵交換費用を除き、これらはいずれも通常使用による損耗の回復費用であり、信義則に反して賃借人の利益を一方的に害する消費者契約法第10条に違反する行為に当り(大阪高等裁判所平成16年12月17日判決参照)、法的に賃借人に対し請求できるものではありません。

したがって、本書をもって、上記「原状回復工事費用」の支払は拒否することを通知いたします。

なお、上記期間内に上記金員全額のお支払がない場合は、貴殿の法的責任を追及すべく、直ちに法的措置に入りますことを念のため申し添えます。

以上

おぉ! 何と弁護士名での書類に変わっている!

「これでよければ、うちから出しとくよ」とのこと。

弁護士の名前が入ると、やはり何だか引き締まった感じがする。

文中で記載のある「大阪高裁平成16年12月17日」の判決については、次回。

同じく敷金返還交渉を題材にしたブログを発見。こちらは法的措置に至らずに既に解決しているが、【家主さま・・・敷金返してね。】は沖縄で現在進行形で、少額訴訟から通常訴訟に進んだとのこと。どちらも非常に参考になる。

|

« 初めての内容証明 | トップページ | 原状回復とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/4650837

この記事へのトラックバック一覧です: さすがプロの仕事!:

» 準備開始 その2 [敷金返して欲しいんですけど...]
敷金返還について調べたら、良いサイトが沢山あった。インターネットってステキ。 ビ [続きを読む]

受信: 2005.08.17 23:40

» 内容証明 [敷金返して欲しいんですけど...]
とりあえず、あちこちから内容をパクって参考にして、内容証明を作ってみる。 通告書 [続きを読む]

受信: 2005.08.18 02:08

« 初めての内容証明 | トップページ | 原状回復とは? »