« 少額訴訟についての貸主の意見 その1 | トップページ | 提訴 »

2005.07.21

少額訴訟についての貸主の意見 その2

昨日の続き。で、貸主の珍妙な返答に対し、私からは以下のようなメールを送った。

第19条のことをおっしゃっているのかとは思いますが、借主が敷金返還訴訟を起こす場合、簡易裁判所への少額訴訟を妨げるような契約文面にはなっておりませんので、この点は、ご理解ください。

きわめて冷静でしょ(笑)

ところが、これに対する貸主の返事はこうだった。

少額訴訟をmitsさんが切り出した事についてどのような意味があるか理解に苦しむところもありますが(契約書の内容に沿ってお話をしているつもりです。御納得頂いた上の署名捺印、しかも御実印を印鑑証明添付しての契約です。)何らかの行き違いで少額訴訟の提訴をすると言う事であれば、当社としては誠意を持って契約に基づいて賃貸借の作業を行ってきているつもりですし後ろめたい事は何もありませんので受けて立つ用意はあるのですが、ただ、少額訴訟の欠点として結審を急ぐあまり契約の内容他、十分な審理がなされないで判決が出ることが多くあるように思いますので裁判所に充分な審理をしてもらい双方が納得できるよう少額訴訟を本訴に切り替えてもらい対応するつもりです。(この場合少額訴訟での審理は中断し本訴での審理となります。)時間と費用は掛かりますがこちらの方がより公正な判断を仰げると思います。何も少額訴訟を妨げる訳ではなく仮にmits様が少額訴訟に踏み切るのであれば当社としては扱いを簡易裁判所から管轄地方裁判所へ本訴として切り替えてもらうように提訴すると言う事だけですのでご理解ください。

おいおい、契約書の話はどこに行ったのかなー?(苦笑)

ようやくちょっとは勉強したようなのだが、「扱いを簡易裁判所から管轄地方裁判所へ本訴として切り替えてもらうように提訴する」という点は、まだ認識違いがあるようで…

だんだん私も感じ悪くなってきたかな? 前から?

|

« 少額訴訟についての貸主の意見 その1 | トップページ | 提訴 »

コメント

貸主さんは、民事訴訟法19条2項のことを言っているの
かも?

投稿: ぶぶ | 2005.07.21 22:33

>ぶぶさん
コメントありがとうございます。経緯を考えると、それはないかとも思うのですが、どうなんでしょうね?

ちなみに、該当する条文は、これです。

2 簡易裁判所は、その管轄に属する不動産に関する訴訟につき被告の申立てがあるときは、訴訟の全部又は一部をその所在地を管轄する地方裁判所に移送しなければならない。ただし、その申立ての前に被告が本案について弁論をした場合は、この限りでない。

そもそも、敷金債権の返還訴訟っていうのは、「不動産に関する訴訟」になるんでしょうか? 不勉強ですみません。

投稿: mits | 2005.07.22 00:05

>mitsさんへ

私も分かりません。

以前、敷金返還訴訟が民事訴訟法19条2項の「不動産に
関する訴訟」になるのか、複数の簡裁に問い合わせてみま
したが、
「移送申立書が出てきた段階で、裁判官が各々のケースを
検討し、移送するか否かを決める」
との回答ばかりでした。

敷引等の地方独特の慣習が絡んでいれば、移送されると
思いますが、原状回復の問題は全国共通だから、移送さ
れないような気がしますが、どうなんでしょう。

ただ、原状回復に関する判例でも、昔は関東と関西で多少
違ったようなので、裁判官によっては移送してしまうことも考
られます。

弁護士の先生に、訊いてみてください。
分かったら、教えてください。
お願いします。


親切な書記官が、19条2項で移送された場合、次のような
最悪のケースも有り得ることを教えてくれました。
(法律に詳しい人にとっては、常識?)

1.原告が現住所の簡易裁判所(大家にとっては遠隔地)
  に訴訟を起こす。
        ↓
2.大家が答弁書と移送申立書を同時に提出する。
        ↓
3.裁判官が、不動産の所在地を管轄する地裁
  (大家の地元、今度は原告にとって遠隔地)に
  移送する。
        ↓
4.原告が「他の裁判官だったら移送しないかも…」
  と考え、一旦、訴訟を取り下げようとする。
        ↓
5.大家は答弁書を提出しているので、取り下げには大家
  の同意が必要。
        ↓
6.大家は、取り下げに同意しない。
        ↓
7.原告にとっては、管轄面で非常に不利になる。
        ↓
8.原告が訴訟を諦め、請求の放棄をする。

投稿: ぶぶ | 2005.07.22 14:06

敷金返還は、金銭面の話ですので、不動産ではないはずですよ。
なお、裁判にかかる交通費等の費用は取り戻せますので、そんなに怖がることはないのですが、
裁判というのは、時間と手間のかかるものですので、運が悪かったとあきらめて、チャレンジしてみて下さい。(^^;;

投稿: 黒白法 | 2005.08.24 23:05

>黒白法さん
幸い、被告も私も引き続き東京在住なので、この件でもめることはなさそうです。むしろ、引越して霞ヶ関の簡裁が近くなったので、ラッキーですね。

投稿: mits | 2005.08.25 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/5054001

この記事へのトラックバック一覧です: 少額訴訟についての貸主の意見 その2:

« 少額訴訟についての貸主の意見 その1 | トップページ | 提訴 »