« 請求書の内容 | トップページ | 行政指導の要請書 »

2005.07.05

減価償却についての貸主の持論

昨日の続き。精算書が届く前に私から貸主に送ったメールから、減価償却に関わる部分を抜粋する。

なお、退去時に申し上げたかと思いますが、精算案の作成に際しては、国土交通省のガイドラインにしたがった内容であることを期待しております。例示すると、たとえ原状回復費用の一部が借主負担であると判断される場合であっても、2年1ヶ月分の賃料による減価償却分を考慮した内容にするなど、基本的な部分での誤認がないようにお願いいたします。

これに対する貸主の返事は下記のようなものだった。

…はmitsさんの言われる減価償却にはあたりません。契約書中に善管注意義務と言う項目がありますが退室立会い時に申し上げた通り居住中の不注意により原状回復することになった部分です。
(中略)
当社は通常例えばクロスの貼り替えなどについて居住者が善管注意義務に基づいている場合当然耐用年数を考慮して貸主、借主の負担割合を算出しております。今回東京ルールが出来た事により算出の参考例を契約書に記載するように致しました。なるべく借主の方にも気持ちよく退去していただき、トラブルが無いように考えている為です。mitsさんにご理解頂けないのであれば仕方ありませんが借主としての権利(少額訴訟等)を主張する前に借主としての義務(善管注意義務等)も御考慮頂ければと思います。

つまり、善管注意義務違反があったと貸主は判断しているのだから、その部分については、減価償却うんぬんの議論はあてはまらないので、原状回復費用は全額払え、というわけである。

しかし、借主側の責任の有無と、減価償却を考慮に入れて残存価値を算出することは、先日のエントリで書いたとおり、まったく性質の違うものなのだが、貸主は、おそらく無自覚に、この両者を混同してしまっている。

私自身、善管注意義務違反があったともなかったとも、このメールではまったく触れていないどころか、丁寧に「原状回復費用の一部が借主負担であると判断される場合であっても」とまで書いてあるのに、この違いを理解できていないのは、

(a)それでメシを食っているプロフェッショナルとして不勉強である
(b)理解力そのものに乏しい
(c)その両方

のいずれかだろう。

そして、どうやら私は、

(a)プロのくせに勉強しない
(b)そもそも理解力が乏しい
(c)-1自分が(a)(b)の両要件を満たす存在であることを自覚していない
もしくは、
(c)-2自分が(a)(b)の両要件を満たす存在であることを自覚しているが、それに恥じいることなく、開き直っている

という三拍子揃った人種が大嫌いみたいだ(どれか一つなら別にいい)。

このブログは、客観的にできるだけ感情を抑えて書こうと思っていたが、だいぶ怒りモードに入ってきたので、今日はこのあたりで終わりにしておこう。

|

« 請求書の内容 | トップページ | 行政指導の要請書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/4843330

この記事へのトラックバック一覧です: 減価償却についての貸主の持論:

« 請求書の内容 | トップページ | 行政指導の要請書 »