« 貸主の先制攻撃(?) | トップページ | 呼出状 »

2005.08.25

第1回口頭弁論期日の打ち合わせ

裁判所の書記官から再び連絡があった。

「被告との予定がなかなか合わないのですが、あまり先になってしまうのもどうかと思うので、被告欠席前提で9月下旬に第1回口頭弁論の期日を設定したほうがいいかと思うのですが、いかがでしょう?」、とのこと。「その場合は、1回で結審しない可能性が高いのですが・・・」と、言っていたが、私からは、「いずれにせよ1回で結審するとは思ってないので、早いほうがいいです」、と伝えておいた。

裁判所の書記官って、案外、「素人原告フレンドリー」な感じがする。もちろん人によるんだろうが、今回の担当の方は親切にいろいろと教えてくれて、非常に感じがよい。

とりあえず、呼出状が届くのを待つ。

|

« 貸主の先制攻撃(?) | トップページ | 呼出状 »

コメント

お相手は訴状が届く前に裁判所に問い合わせをしたり、予定が合わないと期日を先に延ばそうとしたりしていることからすると・・・・・・・。裁判をかなり気にしていて、嫌だなーと思っているのではないでしょうか。こういう場合、意外とあっさりケリがつく場合が多いですよ。

投稿: 通りすがりの経験者 | 2005.08.26 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/5633599

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回口頭弁論期日の打ち合わせ:

« 貸主の先制攻撃(?) | トップページ | 呼出状 »