« 呼出状 | トップページ | 訴状訂正申立書 »

2005.08.30

呼出状不達?

留守電に書記官からのメッセージが残っていた。

「呼出状を被告に送ったのですが、『転居先不明』で戻ってきてしまいました。調査をお願いしたいので、折り返しお電話をいただけますか?」、とのこと。

察するに、法人登記上の所在地と現住所が違っているので、届かなかったようだ。ちなみに、貸主の登記上の住所は、私が住んでいた物件の住所と同じ。実際の貸主の事務所は、そのマンションからみて、道路を挟んで向かい側にあるので、番地が違っている。昔、自分たちの会社があった場所にマンションを建てたのだろうか。

確かに、手元の書類をよく見てみると、契約書や領収書などの住所は登記上の住所になっているが、FAX送付状や封筒の住所は、実際の住所になっている。

ただ、以前、登記上の所在地宛に内容証明郵便を送ったときは、きっちり届いているのに、今回は転居先不明で届いているのはなぜなのだろう? 「特別送達」扱いで送ると、完全に住所が一致しないとダメということなのか? ふだん配達をしている郵便局の人は、呼出状の宛先である貸主がそこに住んでいることは、当然わかっているはずなので…

ま、たいした問題ではないと思うので、明日電話して確認してみることにしよう。

蛇足ながら、今晩、大学時代の友人たちと食事をしているときに、このブログが話題になったのだが、某官庁系法曹キャリアの友人は、「どうせ訴訟するなら、敷金返還だけじゃなくて、損害賠償請求もすれば面白いのに」と言っていた。なるほど、せっかくなので、そういう論点を付け加えるのもいいかもしれない。ちょっと考えてみよう。

|

« 呼出状 | トップページ | 訴状訂正申立書 »

コメント

私のブログへのコメントありがとうございます。
私達より一歩先に進んでいらしゃる感じなので参考にさせて頂いてます!
昨日裁判所に行った感じだと1回では済まなそうだと担当者の方が話していたのでかなり憂鬱ですが最後まで諦めずにがんばりたいと思います!

投稿: kchan | 2005.09.07 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/5714971

この記事へのトラックバック一覧です: 呼出状不達?:

« 呼出状 | トップページ | 訴状訂正申立書 »