« 提訴 | トップページ | 訴状 »

2005.08.16

「裁判を早く解決するために」

提訴したときに、「市民訴訟の審理について ~裁判を早く解決するために~」(←ちょっと日本語ヘンだ)という題名の付いた紙をもらった。

何でも、原則として3回以内の期日で審理を終える工夫をしている、とのことで、そのために、言い分は書面に書いて持ってこい、ということらしい。

本当に3回で審理が終わればいいのだが、私としては、被告側が言い分をちゃんと書面にまとめてくるのかどうか、ちょっと心配。先日紹介したメールからも推測できるように、貸主は、論旨をきっちりまとめて相手に伝えるという訓練ができていないようなので、手ぶらで裁判にやってきて、言いたい放題だと、裁判が無駄に長引いてしまうことにもなりかねない。

私が言うのも変な話だが、いっそのこと、先方が代理人を立ててくれたほうがいいような気もするのだが、そこまで費用をかけるかどうか…

|

« 提訴 | トップページ | 訴状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/5480923

この記事へのトラックバック一覧です: 「裁判を早く解決するために」:

« 提訴 | トップページ | 訴状 »