« 和解交渉 | トップページ | 答弁書(9月21日付) その1 »

2005.10.03

社員の発言に唖然

和解交渉の途中から、被告の会社の社員(以下NK氏)が参加することになった。参加といっても、特に自分から話すわけでもなかったので、当ブログのタイトルに即してビジネス的に言えば、「会議で発言をしない社員は次回から参加しなくてもいい」(by 柳井正)のだが。参加するつもりがあるのに遅れてくるのも、それこそ「不誠実」(by 被告)な気もする。まぁ、どうでもいいけど。

実は、結露についての責任の所在とその範囲が、今回の争点の一つになる。和解交渉の中でも、当然その話が出たのだが、部屋の結露について、私からNK氏に報告をしたという事実があったのにもかかわらず、和解の場では、NK氏にしらばっくれられてしまった。経緯は以下のとおり。

ルーフバルコニーの清掃がしたい、とのことで、いちどNK氏が部屋に入ったことがあった。そのときに、結露による玄関部分のクロスの汚れ等について、NK氏と話をし、NK氏は携帯でその状況の写真を撮って、事務所に持ち帰ったのだが、その後の音沙汰はなかったということがあったのである。

で、私はその点について、「あのとき、あなたと話をしましたよね?」と、NK氏に指摘をしたのだが、NK氏は「そんな事実はなかった」とのこと。

私 「携帯で写真まで撮ってましたが、本当ですか?」
NK氏 「ルーフバルコニーの写真は撮りましたが、玄関については撮っていません」
私 「それについて、裁判の場で、宣誓をしたうえで、証言できますか?」
NK氏 「証言できます」

ま、社長の横だからなぁ…

ちなみに、法廷で宣誓証人が偽証をすると、刑法169条の偽証罪として3ヶ月以上10年以下の懲役刑になる。和解交渉の場で嘘を言っても「偽証」にはならないのだから、別にいいんだけど、道義的にいかがなものだろう。ちょっとした記憶違いではなく、明らかな嘘だと思うのだが、これが家庭を持つサラリーマンの悲哀なのかね。オーナー会社だし。私なら、社長に偽証を迫られるくらいなら辞めるし、逆に言えば、いつでも「辞めてやる」と言えるくらいのビジネスマンでありたいと思ってもいる。

というわけで、初めてこのブログのタイトルの趣旨に合ったエントリーでした(笑)

答弁書の内容は、明日、一挙公開します。お楽しみに。

|

« 和解交渉 | トップページ | 答弁書(9月21日付) その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/6200671

この記事へのトラックバック一覧です: 社員の発言に唖然:

« 和解交渉 | トップページ | 答弁書(9月21日付) その1 »