« 乙第5号証 | トップページ | 原告準備書面2 (11月04日付) »

2005.11.15

第2回和解交渉

「まずは話し合いを」と裁判長に言われたところで、私は和解する気なんてまったくないのだから、単に「和解交渉をしてみた」という既成事実をつくるだけの時間を過ごすだけのことだった。相変わらず先方はわけのわからない言い分を繰り返していたのだが、私はとにかく早く終わらせようと思って、できるだけ発言をしないようにしていた。だって、この場で何を言ったところで、正式な証言になるわけじゃないんだからね。

そうは言っても、司法委員は何らかの和解案を提示しないといけない。初回交渉時は「チャラでどうか」と言って、実質33万円を払うのはどうか、と暴言を吐いていたのだが、今回は、40万円の原状回復費用請求のうち、20万円ずつでどうか、と言い出した。それに対して、私は、一貫して「数万円なら考えてもいい」と言うだけである。

そうすると、司法委員は、裁判長に相談する、と言って一旦席を外し、10分くらい後に戻ってくると、被告を退室させたうえで、裁判長の案として、14万円の負担でどうか、と提示した。

もちろん私は即座に拒否。

私からはあらためて、「正直言って、もう金額はどうでもいい。ここまできた以上、金額という『結果』の問題ではなく、『プロセス』の問題だ。結果はどうあれ、裁判長が『根拠』を明示した、判決文による解決を求める」と伝えると、司法委員はそれ以上は説得しようとせず、「では裁判長に来てもらいましょう」との展開になり、次回期日を設定という流れになった。

提示された和解金額(私が払うべき原状回復費用)は、33万円→20万円→14万円、と、めまぐるしく変わっている。さぁて、判決はどうなるんだろう。

しかし、和解交渉のなかで、被告は私の質問を受けて、損傷のない部分も含め、部屋のすべてのクロスを私の費用負担で張り替えたことを認めたのは、ちょっとした収穫だったかもしれない。ほんとにひどい大家だね。

|

« 乙第5号証 | トップページ | 原告準備書面2 (11月04日付) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/7131811

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回和解交渉:

« 乙第5号証 | トップページ | 原告準備書面2 (11月04日付) »