« 結審ならず… | トップページ | 明日こそ結審 »

2006.01.22

「被告準備書面」が届いた

前回の口頭弁論で、裁判長から被告への宿題として出された、「金額の入った主張」を記した準備書面が届いた。初の被告準備書面! しかし、タイトルを書き忘れたのか、「被告準備書面」という文字だけが手書きで追加されている。トホホ。

今回届いたのは、以下の3種類。

(1) 被告準備書面(PDF)
(2) フローリング補修床面積・クリーニング施行面積および補修金額計算表(PDF)
(3) 居室採寸図(PDF)

(1)については、例によって、OCRで読み込んだ文書をPDF化してみたので、多少細かいが、興味のある方は参照してほしい。なお、「現状回復」等の記載ミスや、日本語のおかしい部分も、そのまま残しておいた。

被告準備書面の内容を簡単にまとめると、

●損傷部分の説明については、乙5号証(PDF)と同様。(←冗長すぎる…)
●フローリング補修費、クリーニング費用、クロス張り替えに伴う「ハガシ及び下地補修、残材処理、諸経費」については、ご丁寧にも床面積で按分。(←按分の算定根拠は上記2及び3の書類だが、省略)
●クリーニング費用、鍵交換費用について、今回初めて「契約書記載の通り負担していただきます」と主張。(←やっと出た! 主張してくれないと、反論のしようもないからね〜)

さて、これから私はこれに対する反論をまとめることになる。次回期日の直前にでもアップする予定。

|

« 結審ならず… | トップページ | 明日こそ結審 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/8278892

この記事へのトラックバック一覧です: 「被告準備書面」が届いた:

» 敷金返還交渉サポートを専門に行う会社がありました(リカバリジャッジ株式会社 ) [雑話ブログ]
■ 内容は下の内容となります ■賃貸マンションを退去する時、敷金から差し引かれる修繕費用について高額な費用を請求されるトラブルが増えています。さらに追加料金まで支払ったケースもあります。その原因として敷金の間違った常識と貸し手に一方的な有利な契約の存... [続きを読む]

受信: 2006.02.03 11:15

« 結審ならず… | トップページ | 明日こそ結審 »