« 偽装計算書 | トップページ | 上場企業管理職は消費者契約法上の消費者ではないのか? »

2006.02.15

平米数の水増し

前回記述したように、明細書に記載されている平米数が、明らかに水増しされているようだ。私がこれに気づいたのは、実は口頭弁論の前日。よくある手法なのだろうが、直前までチェックしていなかったのは、私もまだまだ甘い。本当ならば、急いで準備書面にまとめておくべきだったのかもしれないが、裁判官の心証形成を考えると、結果オーライだったような気もする。

業者が水増ししているのか、被告が水増ししているのかわからないが、いずれにしても許し難い。どうせ他人の金だと思うと、こうもいい加減になるものか。

さて、裁判当日に被告が準備書面を提出してきたのだが、その内容は、また次回紹介する。

|

« 偽装計算書 | トップページ | 上場企業管理職は消費者契約法上の消費者ではないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/8596099

この記事へのトラックバック一覧です: 平米数の水増し:

« 偽装計算書 | トップページ | 上場企業管理職は消費者契約法上の消費者ではないのか? »