« 裁判は続く… | トップページ | 当事者尋問【被告編】 »

2006.02.11

当事者尋問【原告編】

私への当事者尋問においての、覚えている限りの質問内容と私の回答は、以下の通り。

●家具の配置を教えてほしい。
→ 説明する。(内容省略)

●その場所にソファを置くと、LDKから浴室につながる場所の開閉に支障があったのでは?
→ そのとおり。なので、入居時には扉を外して、ベッドの下に保管していた。退去時には復旧した。

●浴室との扉を外すことによって、結露を発生しやすくなったとは考えられないか?
→ むしろ風通しがよくなったと考える。結露については、玄関部分の金属製の扉を介して湿気が発生していたものである。

●敷物は敷いていたか?
→ 台所にはキッチンマット。LDKには、冬場はホットカーペット。夏場は特になし。

●単身で住んでいたのか?
→ 単身でした。

●長期間家を空けるようなことはあったか?
→ ありません。通常は、平日だと朝8時に家を出て、夜8時に帰宅するようなパターンでした。

●フローリングの傷の状態について、いくつか質問
→ 入居当時からあったもの、など、準備書面どおりに返答。

というわけで、かなりあっさりした尋問だった。

そして、この原告尋問の途中で被告が到着。相変わらずファイリングもナンバリングもしていない書類を、有隣堂書店の緑色の袋から取り出すときに、袋がばりばり鳴ってうるさくてしかたがない。いい加減にファイルくらい買えよ。

被告は、私の尋問の後半3分の1くらいしか聞いてなかったはずだが、裁判長に、「被告から原告に質問することはありますか?」と、いきなりふられて動揺したのか、何やらモゴモゴ言っていたものの、結局は質問なし。私は元の席に戻り、今度は被告が証人席へ。次は被告への当事者尋問であるが、これはまた次回。

|

« 裁判は続く… | トップページ | 当事者尋問【被告編】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/8595236

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者尋問【原告編】:

« 裁判は続く… | トップページ | 当事者尋問【被告編】 »