« 明日は判決 | トップページ | またまた切手の追納 »

2006.03.24

判決速報

待ちに待った判決当日。裁判所には行かなかったが、やはり気になったので、書記官に電話して主文だけ先に聞いてみた。

主 文

1. 被告は原告に対し金34万6884円、及び、うち、金29万5787円に対する平成17年4月22日から支払済まで日歩5銭の、うち、金5万1097円に対する平成17年3月23日から支払済まで年5分の、各割合による金員を支払え

2. 原告のその余の請求を棄却する

3. 訴訟費用は10分し、その9を被告の負担とし、その余を原告の負担とする

4. この判決は仮に執行することができる

(聞き書きなので表記や表現に若干の違いはあるのはご容赦いただきたい)

私が請求していた38万5097円のうち、34万6884円が認められた。つまり、この差額である3万8213円が、私が負担すべき原状回復費用ということになる。

貸主からの元々の約40万円の工事費用請求に対して、裁判所はその1割にも満たない金額しか認めなかったとも言える。

これはまさに完全勝利といってよいのではないか。

今日は速報のみ。これから祝杯をあげよう。

|

« 明日は判決 | トップページ | またまた切手の追納 »

コメント

勝訴判決、おめでとうございます。 (^^)/
というか、負けるはずのない裁判なので、当然の判決かな。

投稿: 黒白法 | 2006.03.24 22:27

黒白法さん、コメントありがとうございます。そうなんですよ。自分としては、ほとんど不戦勝のような感覚なので、逆に原状回復費用として認められた38213円の中身が気になってます。判決正文が届いてから、また詳細に紹介してみることにします。

投稿: mits | 2006.03.24 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/9240520

この記事へのトラックバック一覧です: 判決速報:

« 明日は判決 | トップページ | またまた切手の追納 »