« さらに明らかになるデタラメな請求 | トップページ | 明日は判決 »

2006.03.06

当然の和解拒否

金持ち喧嘩せず」発言の司法委員はお役目ごめんになったようで、今回は新しい司法委員が担当。まずは私と司法委員と2人での話し合い。

司法委員は、「判決期日も決まったが、裁判長がどうしても和解にしてほしいとのことで、今までの経緯もよくわからないままに話をするのも心苦しいが、お気持ちはいかがでしょう? いろいろとこじれてしまったようで、難しいかもしれないけれど… 裁判所も人事異動の季節で、途中で他の裁判官に引き継ぐことになっても困りますし…」と、わけのわからない前振り(苦笑) あの裁判長、よっぽど判決文を書きたくないらしいぞ。

私からは、「結論から言うと、和解に応じる気は全くない。ここまで来ると、お金の問題ではない。判決を書くのが面倒だという気持ちもわからないでもないが…(ここで司法委員も苦笑) とにかく白黒つけてもらいたい」と、以前の和解交渉で話したのと同じようなことを繰り返した。

司法委員も、そこまで言うならと、あきらめた様子で、私が退室後、次は被告を呼んでの話。結構長い時間話していたようだが、私がダメだと言う以上、和解が成立するわけもない。被告との話が終わった後に、もう一度私も呼ばれ、裁判長も同席のもと、「和解不調ということで、3月24日に判決になります」という話で決着。

ちなみに判決期日に出廷する必要はない。主文だけを聞きに行くほど暇ではないので、送達されるのを待つことになるだろう。

|

« さらに明らかになるデタラメな請求 | トップページ | 明日は判決 »

コメント

コメントありがとうございました。
ここをじっくり読ませていただきました。大変な道のりですね…。僕の方も貸主の言いなりにならないよう注意したいと思います。

そして判決がもうすぐ出るのですね。良い結果になることを祈っております。

投稿: kuro | 2006.03.07 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/8934965

この記事へのトラックバック一覧です: 当然の和解拒否:

« さらに明らかになるデタラメな請求 | トップページ | 明日は判決 »