« 架空費用の請求 | トップページ | 今日こそ結審? »

2006.03.02

最後の準備書面(のはず)

明日の第5回口頭弁論に先立ち、今週の初めに裁判所に提出した準備書面の内容を紹介する。

原告準備書面4
甲第12号証 本物件のチラシ(原告退去後)
甲第13号証 玄関ホールの壁クロス面積計算書
甲第14号証 クローゼット内部のクロス面積計算書

今回も8ページもの長文になってしまった。全文読むのはちょっと…という方のために、先日話題にした見積書の作成者に関する記述について、ここで引用してみることにしよう。

乙第8号証は、株式会社K住販により作成されているが、本見積書に記載された同法人の住所は被告の現住所と同一であり、被告が業務上使用している封筒には、被告と株式会社K住販の法人名が並んで印刷されている(甲第5号証の5)。また、株式会社K住販の法人名に、被告代表者の苗字と同じ「K」が冠されていることも併せて考えると、被告と株式会社K住販は、実質的には同一の法人である可能性が高い。

ところが、被告は平成18年2月10日の公判時の当事者尋問において、裁判長の質問に対し、自分の会社で原状回復工事を行ったのではないという趣旨の証言を行っているが、株式会社K住販と被告が実質的に同一の法人であるとすれば、これは事実に反する不可解な証言であり、偽証の疑いもあると言わざるをえない。

また、原状回復工事の実施にあたって、被告は複数の工事業者からの合い見積もりを取得し、条件を比較検討するなどして、工事費用の低減を図るべきところを、実際には、被告と密接に関連すると思われる1社からの見積もりを取得しただけであり、しかも、具体的な工事内容と工事費用については、事前に原告に対して相談や報告をまったく行っていなかったことも考えると、事実上「お手盛り」と言うべき請求の実態は明らかであると言える。

最初は両社の登記記載事項証明をとろうかと思っていたのだが、「封筒」があったので、そこまでやる必要はないかと。面倒だしね。

他に、自分ではちょっと気になっている部分もあるのだが、それはまた次回期日終了後に。

|

« 架空費用の請求 | トップページ | 今日こそ結審? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/8848440

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の準備書面(のはず):

« 架空費用の請求 | トップページ | 今日こそ結審? »