« 【判決解説その3】クリーニング | トップページ | 【判決解説その5】遅延損害金 »

2006.04.04

【判決解説その4】鍵交換費用

鍵交換費用については、請求を認めないのは当然ながら、そのロジックが予想外だった。

賃貸借契約書には鍵の交換について特別な定めはないが,重要事項説明書(甲1の3)に「退去時に鍵交換費用として1万円(税別)かかります」と記載されているが,これは賃借人が負担を承諾したものとは解せられない。むしろ,鍵の交換は,当該物件についての安全管理上の問題であり,賃貸人の負担とすると解するのが相当である。

つまり、そもそも「合意」があったとはいえない、という判断である。

私は、たとえ合意があったとしても消費者契約法違反であると主張していたのだが(原告準備書面3のP4参照)、その前の段階で門前払いをされてしまった印象。

なるほど、そういう逃げ方もあるんだなぁ、と妙に感心してしまった。

|

« 【判決解説その3】クリーニング | トップページ | 【判決解説その5】遅延損害金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/9374345

この記事へのトラックバック一覧です: 【判決解説その4】鍵交換費用:

» 東急不動産を消費者契約法違反で提訴 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
☆政治経済法律電網討論 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 東急不動産・東急リバブル不買運動 ☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆ 東急不動産を消費者契約法違反で提訴 原告、不動産売買契約の取消及び購入代金の返還を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴。絶望は全く感じなかった。むしろ、これからはじめる戦いが待ち遠しかった。正義は原告にある。原告は正しい側にいる。そして勝利を手... [続きを読む]

受信: 2006.04.06 20:51

« 【判決解説その3】クリーニング | トップページ | 【判決解説その5】遅延損害金 »