« 【判決解説その4】鍵交換費用 | トップページ | 貸主への請求 »

2006.04.05

【判決解説その5】遅延損害金

判決では遅延損害金(金利)も合わせて返還することが命じられている。以前、その金額について読者からコメントがあったが、あらためて整理してみよう。

■敷金元本 29万5787円
→約定金利 日歩5銭 平成17年4月22日〜 

■過払賃料元本 5万1097円
→法定金利 年5分 平成17年3月23日〜

日歩5銭というのは100円につき毎日5銭ということなので、年率に換算すると、

0.05円 ÷ 100円 × 365日 = 18.25%

ということになる。

この低金利時代に何て効率の良い運用方法!

この金利分がいくらになっているのか、エクセルで簡単なワークシートをつくって計算してみたところ、敷金と過払賃料にかかるそれぞれの金利を合わせて、本日現在で5万4113円になり、私が原状回復費用として負担すべきとされた3万8213円を既に大きく上回っている。

もちろん、これに加えて、判決確定後には訴訟費用の被告負担分として3万円程度を請求することになるだろう。

|

« 【判決解説その4】鍵交換費用 | トップページ | 貸主への請求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/9375123

この記事へのトラックバック一覧です: 【判決解説その5】遅延損害金:

« 【判決解説その4】鍵交換費用 | トップページ | 貸主への請求 »