« 執行文が届いた | トップページ

2006.09.20

結末

すっかりご無沙汰してしまったあげくに恐縮なのだが、結論から言うと、差押の手続をとる直前に訴訟費用を振り込まれてしまっていた。

敷金を返還してきた際と同様に、入金したとの連絡は全くなく、私が久々に入出金明細を見て初めて気づいたので、入金されたことを知らなかったこととして強制執行を申し立てることはできたのだが、それはどう考えても合理的な選択とはいえないので、これで終わりにすることにした。

それにしても、入金したとの連絡さえしないって、どういうことなんだろう。入れ違いで私が強制執行に踏み切ることも十分ありえたのに。もう私と関わり合いを持ちたくなかったのだろうが、それによって会社や従業員に不利益が生じる可能性を考えるより、自分の幼稚な感情を優先させたのは、さすがはあの被告であると言いたい。

せっかく債権差押命令申立書を準備していたので、参考のためにアップしておく。

さて、これで本ブログの敷金返還闘争は全て終了。この2ヶ月ほどのあいだ、全く更新をしなかったのにもかかわらず、ブックマークや様々な検索ワードから一定のアクセスをいただいているので、きっといろいろな方の参考になっていると信じたい。そのうちブログからHP形式に移行するかもしれないが、当面はこのまま更新停止という形にしておく。

これまで応援いただいた方々に心から感謝すると同時に、日本にまだまだ蔓延っている悪徳で無知な大家を撲滅していくため、このブログに興味を持っていただいた方のこれからの闘いを側面から応援していきたいと思う。

|

« 執行文が届いた | トップページ

コメント

ようやく決着しましたね。
ご苦労様でした。

投稿: 黒白法 | 2006.09.20 20:54

本当にお疲れ様でしたね~

当方はこれから「佳境」に入ります、
さて、どこで決着となるのやら・・・

貴方と同じ民事3室3係担当ですが、やはり裁判官は
なんとなく「和解」させたいみたい・・・

でも、絶対和解なんかしないつもりです・・・

投稿: はにゃ | 2006.09.21 22:38

>黒白法さん
ありがとうございます!でもお互い終わってしまって、ちょっとさびしいですね(笑)

>はにゃさん
まったく同じ担当ですか!? びっくりですね。和解も一つの選択肢だと思いますが、第三者としては、ぜひ判決をとって、ぎゃふんと言わせてもらいたいです!

投稿: mits | 2006.09.21 23:17

お世話様です。
お役立ちサイトへの掲載をお願い申し上げます。
サイト名
敷金返還・修繕費・原状回復の相談
HPアドレス
http://homepage2.nifty.com/sikikin110/
メールアドレス
sikikin110@nifty.com
よろしくお願い致します。

投稿: 小野文男 | 2007.08.10 11:28

大変参考になります。私も現在、簡易裁判中です。
明後日2日が口頭弁論なんですが、支払督促からの移行なので、答弁書が数日前に届いて、1回目の口頭弁論です。かなり答弁書で書かれているので、1回目は悪者扱いされそうですw。
 当方の場合賃貸人の所有権移転なので、ややこしいこと極まりないです。
 相手は大きい会社のくせに、敷金を自動債権とする制限の約定を、必要費を自動債権とする相殺と勘違いしているようで笑っちゃいます。

投稿: べん | 2009.08.31 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115959/11972857

この記事へのトラックバック一覧です: 結末:

» Bitacle Blog Search Archive - 結末 [bitacle.org]
[...] すっかりご無沙汰してしまったあげくに恐縮なのだが、結論から言うと、差押の手続をとる直前に訴訟費用を振り込まれてしまっていた。 敷金を返還してきた際と同様に、入金したとの連絡は全くなく、私が久々に入出金 [...]... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 13:43

» 【敷金返還請求】請求された原状回復費用を簡単に取り返すことが出来ます。 [敷金返還請求をする!]
こんにちは。この度、敷金返還請求情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007.07.05 19:19

» 債権差押命令と第三債務者へ陳述催告の申立て [支払督促と仮執行宣言の申し立て]
債権差押命令は、仮執行宣言付支払督促が確定したら、いつでも申し立てをすることができます。その際は、やはり現実的なところで債務者の「給与や預金」に対して行うのがベストだと思います。(金額が○○○万円の場合は、非現実的かもしれませんけど…) ☆ 必要な書類等は以下の通りです。・仮執行宣言付支払督促の正本・送達証明書 (債務名義の正本が届いた事の証明)・債権差押命令の申立書 1通・資格証明書 1通 (第三債務者が企業や金融機関の法人になるため商業登記簿謄本)・当事者目録、請求債権目...... [続きを読む]

受信: 2007.08.25 06:03

« 執行文が届いた | トップページ